鶏の卵、白玉と赤玉の違いは実は見た目だけ!赤玉だからと言って濃厚な高級卵ではないんです。

皆さまこんにちは。高級卵献上卵スタッフのtamagoでございます。

卵、食べてますか?私は朝から新鮮な卵を食べて、元気・健康!に一日をスタートさせています(笑)

さて皆さん、スーパーなどで並んでる卵ですが、色がさまざまありますよね。

一体どんな違いがあるのか、気になったことはないでしょうか?

 

白玉と赤玉の違いは見た目のみ

 

鶏卵には大きく分けて白玉と赤玉(茶色)があります。

実はこれ、両方に大きな違いはなく、見た目だけが異なっているだけなんです。

実際に栄養分も大きく離れていませんし、味もそうですよね。

白玉と赤玉を食べてみて、「味もあんまり変わらないなあ…」って感じたことありませんか?

最大の違いは、卵の殻の色だけだったんです。

高級特選卵の献上卵は赤玉の卵です。

 

鶏卵の色を決めるもの

 

基本的に白玉は白い鶏が、赤玉は茶色い鶏が産みます。

単純に「プロトポルフィリン」という茶色の色素があるかどうか、で卵の色も異なってきます。

 

・白玉…白色レグホン、ジュリア

・ピンク(さくら色)…ソニア

・赤玉…ボリスブラウン

 

それぞれの卵を産む、日本で主流の鶏には、こういった品種があります。

白玉と赤玉のほか、ピンクの卵ですが品種を掛け合わせた鶏が多いですね。

もっとも主流なのは白色レグホンで、ヨーロッパ原産の白い鶏です。

ただ、現在のヨーロッパでは赤玉のほうがよく生産されています。

 

フランス料理など、赤玉の比率が大きいですよ。

国によって、メインの品種が違いますから、卵の色も変わってくるんです。

 

白玉と赤玉の値段

 

最近ですと、スーパーの卵も白玉と赤玉、値段が同じくらいになってきていますね。

以前はもっと価格差がありました。

白玉のほうが安いのは、卵を産むための鶏に、白い鶏の品種が多いため供給量がそのぶん高いからです。

また、茶色の鶏にはエサをよく食べる品種が多い、という傾向もあります。

エサを食べるぶんだけ、維持費もかかっていますし、これが白玉と赤玉の値段に差がある理由です。

 

白玉と赤玉の卵サイズ

 

卵の違い、といえば特によくいわれる部分がサイズです。

MやLなど、いろいろ売られていますよね。

鶏卵のサイズにはSS~LLの規格があって、これは鶏の品種はあまり関係ありません。

 

鶏は年を重ねると、卵管が太くなってくるため、自然と卵も大きくなってきます。

これはどの品種でも同じことですから、単純に年齢の違いだけなんですね。

また、卵のサイズが大きくなってくると、主に白身の量も多くなってきます。

反対に、黄身の大きさはあまり変わらないんですよ。

 

赤玉には高級卵が多い

 

白玉と赤玉には違いはない、というのは事実ですが、通常の卵と高級卵では栄養面に大きな差があります。

そして卵の通販などで買える高級卵には、赤玉のものが多いです。

一般の赤玉とは違い、エサの時点から徹底的にこだわったものが使用されています。

 

赤玉の鶏(茶色い鶏)はエサをよく食べる品種も多いですし、こだわりの高品質のエサをしかりと食べてくれます。

こうして育ち、そして元気な卵を産むことで、いわゆる高級卵・ブランド卵は評判を集めているんです。

 

献上卵は赤玉の高級卵

 

高級卵には赤玉が多く、そして特選・献上卵もまた赤玉となっています。

こまやかに管理された養鶏場、自然の恵みたっぷりの地下水、こうした環境で育った鶏が産む赤玉です。

特別配合のとうもろこしや、上質の天然魚粉など、まさに高級卵ならではのこだわったエサを使用しています!

エサが上質なら、当然ですが卵も上質なものが産まれますよね。

全国幅広く、卵の通販にて好評いただいております!

 

まとめ

 

・白玉と赤玉の違いは見た目のみ

・茶色い鶏が赤玉の卵を産む

・栄養たっぷりな高級卵は赤玉に多い

 

一般的な卵の中でいいますと、白玉と赤玉に違いはありません。

ただし高級卵だと話は別で、栄養や健康成分・品質など大きく通常の卵と異なっています。

栄養満点でおいしい赤玉の、特選・献上卵!

ぜひその味を一度、取り寄せでお試しになってみてはいかがでしょうか。