卵白に白いひもがあるのはなぜ?栄養は?【卵のカラザ】

皆さまこんにちは。

極上高級卵の取り寄せ通販なら!
高級卵通販「献上卵」スタッフのtamagoでございます。

卵、毎日どれくらい食べてますか?

私は少ない日でも3個は食べておりますが、卵は料理の使い道も多いですし、全く飽きません(笑)

 

さて皆さま、卵を割った時に「白いひも」、ありますよね。

あれって何だかご存じでしょうか?

 

カラザの役割は卵黄を留めること【まるでハンモック?】

 

白いひもの正体、それはカラザ(殻座)といい、卵黄(黄身)を卵の中心に留める役割を持っています。

殻で守られていても、急に転がったりしたら形が崩れてしまうので、カラザで繋ぎ留めているんですね。

カラザは対になっていて、卵黄はぶら下がっている状態です。

卵黄の一番外の薄膜は「カラザ層」といい、網目状の繊維質(たんぱく質由来)でできています。

ひも状のカラザと網目状のカラザ層。

さながら、ハンモックのようですよね(笑)

 

カラザは両端のねじれが逆向き

 

カラザがあるので、ちょっとやそっとの動きでは、卵黄はすぐに元の状態に戻ります。

カラザは両端のねじれが逆向きなので、元に戻ろうとする力が強く働くんです。

 

卵はよく見ると片方が尖ってますよね。

尖ったほうはねじれが右巻きで、そうでないほうは、ねじれが左巻きです。

目視ではなかなか見分けが付きませんが、厳密に調べるとそうなっているようです(笑)

普段よく見る卵ですがいろいろと計算されて、できてるんですね。

 

食べたほうが健康にいいの?栄養はある?

 

カラザを取り除く、という方は少なくないかと思います。

私はあえて取ることはないのですが、カラザって実は健康にいい面もあるんですよ。

 

カラザには特に、シアル酸という成分が含まれています。

専門的には「酸性糖」という糖の一種で、抗菌力・免疫力向上の機能があるんだとか。

牛乳などにも含まれていますが、健康面でいうと役立つので取らずに食べたほうが良さそうですね。

 

ただしシアル酸は卵白にもそれなりに含まれているため、カラザを食べることで、大幅に効果が期待できるものでもありません。

それでも、少なくともカラザは健康に悪いわけではない、ということはわかってきましたね。

「あえて取る必要なないですよ~」という程度に、認識しておくとよさそうです。

 

料理の見栄えとカラザの関係は?

 

料理の先生・プロの料理人には、カラザを取る人と取らない人がいます。

この違いは何かというと、一つは料理の「見栄え」、そしてもう一つは「食感」です。

どちらかというと食感の部分が大きいですね。

 

食感が大切とされる繊細な料理では、卵の溶き方一つにこだわることがあります。

たとえば、茶碗蒸し・だし巻き卵・カスタードクリームなどです。

実際はほんのわずかな違いにしかなりませんが、本当に料理にこだわるプロは、こだわることもあります。

 

おすすめのカラザの取り方

 

「どうしてもカラザは取りたいなあ~」という方にために、おすすめの取り方を紹介しますね。

基本的には箸(菜箸)を使うのが手っ取り早く、慣れると簡単に取れるでしょう。

でもヌルッとして上手く掴めない、という方も多いと思います。

カラザの根元を掴むとなおよくて、これだとスルッと取れますよ。

また、スプーンなら2本で根元を挟むと取りやすいです。

 

近年ではTKG(たまごかけごはん)ブームが起きておりますが、専用スプーンなんてものもありますね。

中にはカラザを取る用の切れ目が入ってるスプーンがあって、ここに通すとサッと取れます。

便利なアイテムもあるんですね、私も欲しくなりました(笑)

 

まとめ

 

・カラザの役割はハンモックのように卵黄を留めること

・シアル酸という成分があってむしろ健康にいい

・取る場合はカラザの根本を掴めばOK

 

カラザって、あると無意識に取っていた、という方も多いでしょう。

でも実は栄養もあって、むしろ健康的には食べたほうがよさそう、ということがわかりましたね!

健康・栄養にさらにこだわりたい方は、ビタミンなどが豊富な高級卵の取り寄せはいかがでしょうか?

献上卵は味も極上のこだわり!通販で広くご好評いただいておりますよ。

日々のおいしい食事にお役立ていただけたら、と思います。